画家「笹倉鉄平」についてご紹介します。

プロフィール

笹倉鉄平 略歴

「光の情景画家」 笹倉鉄平

LinkIconto English page

profile_photo2.jpg
旅情と優しい光あふれるその情景画は、"心に安らぎをもたらす"絵として、老若男女幅広い層で多くの支持を得ている。また、画家デビュー以来、180作品以上の版画や、画集・詩画集・図録、DVD作品集等が出版され、ポスターやジグソーパズル、ポストカード、カレンダー等のアートグッズも人気が高い。
近年では、フランス、中国、イタリア等にて開催した展覧会も成功を収め、日本人の美意識や優しさを、その美しい情景画を通して海外へ伝えている。

1954   兵庫県生まれ。
1977   武蔵野美術大学商業デザイン科卒業後、グラフィックデザイナーを経て、イラストレーターとなる。 
1987   毎日新聞カラー別刷り版・裏表紙に、「Romantic Gallery(ドイツの街々を描いた)」 シリーズを連載。 
1988   同紙に「ロマン色の街角(フランスの街々を描いた)」シリーズを連載。
1990   東京、青山スパイラル・ギャラリーでの初個展開催を機に、画家としての制作活動に専心。 
1998   「大丸ミュージアム東京」にて、初の美術館個展 
2004   イタリアの芸術文芸都市のレカナーティ市主催による個展
2005   イタリア、フィレンツェ市主催による、パルテ・グエルファ宮での個展
2006   北京の国立中国美術館にて、劉長順氏と日中友好を掲げた二人展
2008   パリと京都にて、京都市の後援による「京都市パリ市姉妹都市締結50周年記念」個展 
2015   京都とフィレンツェにて、両市後援のもと「京都・フィレンツェ姉妹都市提携50周年記念事業」の一環として個展
    上記以外も1991年以降、国内有名百貨店等に於いて100回を超す個展開催がある。


※上のタブをクリックすることで、「詳細プロフィール(年表)」「syoshinsya_mark.pngはじめての方へ(作品画像)」がご覧いただけます。






詳細プロフィール(年表)

「光の情景画家」 笹倉鉄平

1954   兵庫県に生まれる。 
    家業は織物業で、幼少よりその染色や図案画などに興味を抱き、15歳頃より本格的に絵画・デザインの基礎を学び始める。
     
1977   武蔵野美術大学商業デザイン科(現在の視覚伝達デザイン学科)卒業。
    その後、グラフィックデザイナーを経て、広告制作会社専属のイラストレーターとなる。
1980   フリーランスとなり、広告や出版の仕事を手がける。
    代表的なものとして、森永製菓のパッケージイラストを10年にわたり(200点以上)制作する。
1987    毎日新聞カラー別刷り版・裏表紙に、ドイツ、ロマンチック街道沿いの街を描いた「Romantic Gallery」 シリーズが月1回連載される。
1988   同紙面に、フランスの街々を描いた「ロマン色の街角」シリーズ が連載される。
     
1990   東京、青山スパイラル・ギャラリーでの初個展開催を機に、画家としての制作活動に専心。
1991   シルクスクリーンによる版画作品の発表を開始する。
    ロサンジェルス・アートエキスポに出品。
1992   オランダで開催された、花の万博「フロリアード1992」の記念版画 が制作される。
    ニューヨーク・アートエキスポに出品。
1994   神戸大丸にて個展。
1996   小田急百貨店新宿店、札幌丸井今井、新宿高島屋、各百貨店にて個展。
1997    CD-ROM絵画集「笹倉鉄平作品集」(シンフォレスト)がリリースされ、CD-ROM年間売上げランキングにて、絵画部門のトップを記録する。

  福岡岩田屋、銀座松坂屋、金沢香林坊大和、各百貨店にて個展。
1998   フジテレビ・ニッポン放送本社ビル、新社屋完成記念のイメージアートを制作。
    大丸ミュージアム・東京にて、イラストレーター時代からの作品を含むそれまでの 活動を集大成した初の美術館個展が開催される。
    名古屋三越、上野松坂屋、大阪梅田大丸、各百貨店にて個展。
1999   新宿小田急、いよてつそごう、大阪梅田大丸、池袋東武、各百貨店にて個展。
     
2000   版元業務を中心とした「株式会社アートテラス/笹倉鉄平オフィス」を設立。
    絵に自ら綴った文章を添えた「笹倉鉄平画集」(求龍堂) が出版される。 
    神戸そごう、福岡三越、大阪梅田大丸、新宿小田急、名古屋松坂屋、各百貨店にて個展。
2001
 
  フィレンツェに架かる「ポンテ・ヴェッキオ」を描いた作品「祝福」が 「イタリア.フィレンツェ.日本.文化経済交流協会」公認作品となる。


「ボランティア国際年」の行事として内閣府が開催した絵画コンクールの審査委員長を務める。
    広島福屋、千葉三越、各百貨店にて個展。
2002   これまでに発表した版画作品全てを網羅したカタログレゾネ「笹倉鉄平全版画集1991-2002」(求龍堂)が出版される。
    DVDビデオ「笹倉鉄平の絵画世界」(シンフォレスト) がリリースされる。
    大丸ミュージアム・東京、心斎橋大丸、鹿児島山形屋、博多大丸、梅田大丸、各百貨店にて個展。
2003   広島福屋、札幌大丸、北九州井筒屋、名古屋松坂屋,、静岡松坂屋、各百貨店にて個展。
2004
 
  自らの作品にインスピレーションのあわいから浮かんだ言葉を添えた「笹倉鉄平詩画集~やわらかな季節のなかで~」(求龍堂)が出版 される。
    イタリア・マルケ州、詩と芸術の街「レカナーティ 」の市庁舎、およびレオパルディ博物館にて個展が開催される。
    京都大丸、心斎橋大丸、東京大丸、鹿児島山形屋、札幌大丸、広島福屋、大阪梅田大丸、各百貨店にて個展。
2005
 
  フィレンツェ・京都姉妹都市締結40周年記念行事として、フィレンツェ市主催による 個展が同市パルテ・グエルファ宮にて開催される。
    仙台三越、高知大丸、京都大丸、たまプラーザ東急、千葉三越、各百貨店にて個展。
2006    (社)関西経済連合会の月例理事会において「現代日本の版画事情 ~ジャポニズムの再来を願って~」の演目で公演を行う。
    北京、国立中国美術館にて、 劉長順氏との日中友好を目的とした「二人展」が開催される。
    大阪心斎橋大丸、新宿高島屋、広島福屋、各百貨店にて個展。
2007   ニューヨーク・アートエキスポに出品。
    東京大丸、京都大丸、たまプラーザ東急、各百貨店にて個展。
2008
 
  パリと京都にて、「日仏交流150周年」および、「京都市・パリ市姉妹都市盟約締結50周年」を記念した個展が、京都市の後援のもとそれぞれ開催される。
    神戸そごう、玉川高島屋、大阪梅田大丸、東京大丸、各百貨店にて個展。
2009   京都大丸、たまプラーザ東急、各百貨店にて個展。
2010   画業20周年を記念した「笹倉鉄平ヨーロッパ旅の画集」(求龍堂)が出版される。
    デビューからこれまでにリリースされた版画の全てを展示した「笹倉鉄平全版画展」を、東京(セントラル美術館/銀座)、大阪(心斎橋大丸) 、名古屋(松坂屋)にて開催。
2011
 
  広島福屋、たまプラーザ東急、仙台三越、新宿高島屋、熊本鶴屋、大阪心斎橋大丸、各百貨店、 丸善書店(東京丸の内)、東京セントラル美術館にて個展。
2012   泉北髙島屋、伊勢丹浦和、盛岡川徳、浜松遠鉄、たまプラーザ東急、日本橋髙島屋、大阪心斎橋大丸、各百貨店、丸善書店(東京丸の内)、青山ベルコモンズ、東京セントラル美術館にて個展 。 
   
2013   2002年以降の版画作品を網羅したカタログレゾネ「笹倉鉄平全版画集2002-2013」(求龍堂)が出版される。
    髙島屋大阪店、大丸東京店、髙島屋岡山店、丸善書店(東京丸の内)、たまプラーザ東急、大丸梅田店、東京セントラル美術館にて個展。
2014
 
  高島屋京都店、泉北高島屋、いよてつ高島屋、横浜新都市ホール、丸善書店(仙台)、米子高島屋、セントラルミュージアム銀座、丸善書店(東京丸の内)、大丸東京店にて個展。
2015

 
  「京都・フィレンツェ姉妹都市提携50周年記念事業」の一環として、両市後援のもと、高台寺(京都)、サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局(フィレンツェ)にて個展。
また、上記個展を再現する形式での巡回個展を、全国4ヶ所の大丸百貨店(札幌・東京・大阪・福岡)にて、開催。
2016
 
  丹波市立植野記念美術館、横浜新都市ホール、セントラルミュージアム銀座、丸善書店(東京丸の内)、大丸東京店、大丸梅田店、池袋マルイにて個展。
2017
 
   「笹倉鉄平画集 ヨーロッパやすらぎの時間」(求龍堂)が出版される。
横浜新都市ホールにて個展。 
     
    現在は、京都・東京に活動の拠点を置き、ヨーロッパ各地を訪問しながら精力的に制作活動を続けている。また、画家デビュー後は多くの方々よりご支持を頂き、これまでに約200作の版画作品をリリースしている。 
    -2017年4月現在-
     

syoshinsya_mark.png はじめての方へ(作品画像)

「光の情景画家」笹倉鉄平の作品を、ごく一部ですがご紹介致します。

笹倉鉄平作品の多くは、旅先などで得た『印象』、浮かんだ『想い』、自分なりの『物語』等が、絵筆にのせて表現されています。
実際の風景に比較的忠実に描いている作品もあれば、“こうあって欲しい”という理想の姿に変えられていたり、ほとんど空想の情景になっているものもあります。そして、全ての作品に共通してそこにあるのが、様々な表情の『光』の存在です。
笹倉鉄平という画家の目を通して、観る者はその光の情景に魅せられ、ひと時現実を忘れ、癒されるのかもしれません。

『カダケス2010』 2009年制作 油彩 60.5×91.0cm『祝福』 2001年制作 油彩 53.0×100.0cm『浜辺の日曜日』 2004年制作 油彩 60.6×130.3cm『サン・トロペ』 1994年制作 アクリル 65.0×162.0cm『雨のポルトフィーノ』 1995年制作 アクリル 60.6×91.0cm『レ・ドゥー・ギャルソン』 2010年制作 油彩 38.0×45.5cm『僕とボビーと秘密の店と』 2012年制作 油彩 31.8×41.0cm『ドゥー・マガザン』 2013年制作 油彩 33.5×53.0cm『白い時間(とき)』 2000年制作 油彩 41.0×91.0cm『ミモザ』 2011年制作 油彩 41.0×73.0cm『アパルトマンの窓辺』 2008年制作 油彩 48.0×73.0cm『オストゥーニ』 2006年制作 油彩 50.0×130.2cm『スター・アトラス/北星図』 1999年制作 油彩 65.0×100.0cm『スター・アトラス/南星図』 1999年制作 油彩 65.0×100.0cm『ブルー・スノー』 2012年制作 油彩 50.0×60.6cm『クリスマス・タウン』 2011年制作 油彩 27.3×91.0cm