フランス・ブルターニュ地方から

先日から、十数年ぶりにフランス・ブルターニュ地方を訪れています。前回は春でしたが、今回は晩秋。受ける印象は、ずいぶん違って感じます。


レンヌ旧市街で見かけた、この地方らしい柱飾りやサインなど、気に入ったものを幾つか…


朝夕の気温は3〜5度ぐらいしかなく、屋外での制作には寒さがこたえます。
それでも、良い面もあります。午後5時半頃には、陽が沈んで夜景となりますが…まだ色々なお店が営業中で照明が灯っていることです。逆に夏は、夜景の時間になると、レストランやホテル以外ほとんど灯りは消え、真っ暗になってしまいます。ですので、昼間にお店などの中を観察しておいて、絵には想像で、照明などの光を描いていくのです。

そんな理由もあり、今回は主に、夜景を想定して来ました。ただ、この地方は雨が多いことが難点で…この後も天気を考慮に入れつつ、上手に頑張ってゆこうと思います。それでは、また。

笹倉鉄平

2019年11月15日