100万回のありがとう‼

去る8月21日、ここ『Teppei.Net』へのアクセス数が、100万に到達致しました。
このホームページを立ち上げた頃には、考えも及ばなかった数字です。これは単なる"数字"ではなく、私の絵に興味を持って下さった皆様と画家本人との間をダイレクトに繋ぐ"橋渡し"の回数であったことを考えますと、「コレが有ってよかった」と今しみじみ感じております(昔の画家さん達には、無かった形なのですから…)。

ホームページが未だ無い頃は、自身のこと・考えていること・近況すら、公に伝えることが苦手であった上に、そういった手段すらあまり無かったのですが、「アトリエから」に拙いながらも文章を書いてゆくことで、自分自身を客観的に見られる機会を得ました。
また、感じたことや思い巡らせただけの漠然とした何かを"どの様な言葉にして伝えようか?"と、考えてみることによって、絵に描く場合の"どの様に伝えたらよいのか?"のヒントになったり…と、思わぬ収穫にもつながり自身の勉強になったとも思います。

そんなこんなで、維持・運営にはそれなりの手間も必要ですが、制作への思いや新しく描いた作品などをいち早くストレートにお伝え出来る場所として、また何よりも皆様からの応援や激励のお声を身近に感じることが出来る場所として、『Teppei.Net』の存在はとても大切なものになりました。
今後も、より楽しんで頂けるホームページを目指したいと、改めて実感しておりますと共に、多くの方々のご訪問に心からの感謝を、取り急ぎお伝えしたく思った次第です。

※       ※       ※       ※       ※

さて、そんなわけで「100万突破記念プレゼント企画」も、9月の初頭には抽選を行い、下旬から10月初旬を目処に当選者の発表・賞品発送が行われる予定とのことです。
今回、ミリオン・アクセスの御礼だけで済ませるのも物足りない気がしましたので、前回少しだけ明かしておりました賞品の内容を、引き続き紹介させて頂きましょう(前回は"抽選発表時に併せてお知らせします"等と申しておりましたが…ちょっと早めで)。

 

『犬の塗り絵&色鉛筆のセット』 × 1名様
『ピンバッヂとメモ帳とカード』 × 1名様
前回、写真を載せた、英国・湖水地方にある"世界初の鉛筆工場"ダーヴェント社(の鉛筆博物館)訪問時のお土産です。
右側は、同じくダーヴェント社土産です…このピンバッヂ(ちょっと見辛いですが)は私も使っております。

『"忠犬ボビー"のメモ帳』 × 1名様
スコットランド版の"ハチ公"として大変有名な、"忠犬ボビー"君の銅像(エディンバラ旧市街に居ます)が表紙のメモ帳です。
旅先でも、"犬グッズ"には毎度ついつい手が伸びてしまいます(笑)。


『羊の"ハーディ"ピンバッヂ&ポストカードと湖水地方の雑貨屋で買ったカード』 × 1名様
英国・湖水地方固有種であるハードウィック種の羊のキャラクター"ハーディ"のグッズです。
かの「ピーターラビット」の絵本作家B.ポターが絶滅から救い守った種としても有名で、グッズ収益の一部は羊や環境保護への寄付になるのだそう。

『スペイン製陶器の小皿』 × 3名様
スペインの港町で気に入って求めた、手描きの絵が暖かい、素朴な味わいの小さなお皿です。

『伊・詩人レオパルディがモチーフのキーホルダー』 × 1名様
イタリア・レカナーティで個展をした際、レオパルディ博物館で見つけました。
月と星と詩人が愛らしいデザインの、ちょっと重め(笑)のキーホルダー。

『'30年代のパリを走っていたアンティークなバスの紙細工キット』 × 1名様
パリの雑貨屋で見つけ、簡単に作れそうだったのでずっとアトリエの抽斗にしまってありましたが、なかなか上手く時間がとれず・・・代わりに作って楽しんで頂けましたら幸いです。


更に"大当たり!!"の『特別賞』ですが、前回「1名様へ」と申しましたが、たくさんの熱心な応募メールに背中を押されまして(笑)、2名様にすることと致しましたが、内容は以下です。

両方とも、葉書サイズ位のとても小さなスケッチブックに、現地で色鉛筆を使ってササっとメモ描きした程度のモノで…

1つ目は、こちら。
パリ、ブローニュの森内のアンリウール湖に浮かぶ人口島にあるレストランを描いたもの。

もう1つは、こちら (「アトリエから」5月30日付"ロンドン、ケンジントン公園からノッティング・ヒルへ…"の回)にある画像をご参照下さい。
ケンジントン公園内に在るピーターパン像を描いたものです。(左の写真と同じ額を付けています。)
以上、プラス前回写真を載せました『ブリッゲンの小さな模型』と、全て合わせまして12名様がご当選となります。

あ、申し忘れましたが、一応全て宛名とサインを付けまして、発送させて頂く予定にしております。

今後も、何か別の形で機会を作り、プレゼント企画等を行ってみようと管理人とも話をしております。
どうぞ、これからも『Teppei.Net』をよろしくお願い申し上げます。

今までご来訪下さった皆様へ、100万回の感謝を込めて、本当にありがとうございました!!

笹倉鉄平

2009年08月27日