旅して、歩けば・・・

天候変化の大きかった北米の旅から、体調を崩すこともなく無事に・・・というか、むしろ元気いっぱいで帰って参りました。
出発間際はアトリエに籠る日々でしたが、旅の間、本当によく歩く生活が続いていたからかもしれません。

職業柄もあり、平素は運動不足に陥りがちです。ところが旅に出ますと、ほぼ終日出かけておりますので、スマホの万歩計は軽く一日一万歩を超え・・・時には二万歩を超えることもあります。

以前から、自身にとって旅は、二次的にも色々と良いことが多いと実感はしていたのですが・・・年齢を重ねるにつれ"歩き回る"という取り立てて意識していなかった部分が、健康にも大いに寄与していることに近年気づきました。

今回カナダでは、特にカントリーサイドを歩き回る機会が多くあったせいか・・・
森林公園内のジョギングコース脇でアライグマと目が合いましたし、朝の散歩に外へ出れば、すぐ道路脇の溝に未だ幼い子ギツネが4匹も、さも当たり前のように歩き回っているシーンと出会ったこと等も印象に残りました。

じゃれ合う兄弟キツネ4匹のうち2匹。人に対する警戒心も低いようです。


・・・こんなにも近い距離で、"野良のキツネ"(笑)を見かけたのは初めてな上、愛らしく遊ぶ姿に心癒され、とても得をした気分になりつつ、長い間眺めておりました。

    *        *        *

そろそろ始まる銀座での展覧会に合わせて戻って参りましたが・・・
思えば、新しい画集が発刊されて未だそんなに時間は経っておりませんでした。画集のご感想なども、またお聞かせ頂けましたらとても嬉しく思います。

笹倉鉄平

2017年06月09日