英国にて

ポーランドを訪ねた後は、英国へ飛びました。

ずいぶん昔にロンドンで手に入れた写真集に載っていて、いつか絵に描きたいと思っていた場所へ向いたかったからです。辺鄙なエリアで交通の便も悪いため、ついつい先送りになってしまっていたのですが…
体力のある内に行っておかないと、年を取るごとにキツくなるかもしれない…と思い、今回訪れることにしました。

ちょっとした航空便トラブルもありましたが(度々あることですので仕方ないです)…しかし、苦労しつつはるばる訪れた価値はありました。

夜遅く到着した時には、体も気持ちも疲れ気味だったのですが、それを上回る制作意欲が湧く景色に翌日出会え、ここしばらくは朝から晩まで作業に勤しんでおりました。
まだまだ先にはなるでしょうが、いつか作品として完成したときに、お話ししたいと思います。

さて今、長距離列車の車内でこれを書いています。
ロンドンへの道すがら、コッツウォルズの村に立ち寄り、しばしの休憩をとろうと思います。

ところで今回は、スケジュールに多少ですが隙間があったり、移動時間が長かったりしましたので、旅先からのお便りが割と出来て良かったです。

現地では普通、制作上すべき事が多く、いつも時間に追われている感じで、文章まではなかなかお届け出来ない事が多いのです。

例えば…昨年はドイツのボーデン湖からも、南フランスのプロヴァンス地方からも、結局、何も出来ずじまいでした。

 

しかし、これまでの旅の中で出会い、強く印象に残った光景は、その時々の想いを込めた絵として、一枚また一枚と出来上ってゆきました…
この秋、それらを展示する機会を得ました。(さすがに今回の旅の絵は間に合いませんが…)
そんな絵の数々を観ていただきながら、"ヨーロッパを旅する気分"を楽しんで頂けましたら幸いです。
…ということですので、そろそろ帰国致します。

 

笹倉鉄平

2016年09月13日