イングランド・スカーボロから


ヨークから英国東海岸方面へと巡り、スカーボロという海辺の街に着いたところです。
ここは市場の建物で、昔から「市」が盛んで有名だったそうです。
しかし戦乱のため1788年から中止されてしまいました。
が、再び市(フェア)が開かれる様な平和な時代に戻ってほしい…との思いで、
イングランド民謡をベースに反戦歌が作られました。
その後200年近くが過ぎ、ニューヨークの若者二人が歌って大ヒットし、
世界に知られる事になりました。
それが、サイモンとガーファンクルの「スカーボロ・フェア」で、僕の大好きな曲なのです。
十代の頃、ギターで何度も練習した事を思い出し、甘酸っぱい気分になりました。
歌詞にあったハーブの名前「パセリ、セージ、ローズマリー&タイム」を、
この市場でつい探してしまいました(照笑)。

笹倉鉄平

2013年09月05日