乗り越えるために・・・


前回ここを更新してから、2か月が過ぎようとしています。その間に、国の緊急事態宣言が発出され、命や社会や暮らしを守るために、それぞれが出来うる形での協力と努力を続ける日々が続いております。

G.W.に入りましたが、自身に関する部分ですと・・・多くの美術館やギャラリーが休業し、私の個展も開催を自粛し、事務所のアートテラスも4月初旬より休業をいたしております。

人の心を豊かにしてくれる文化的な諸活動が制限される、今の窮屈で息ぐるしい日々の中で、憂うことも多くあります。こんな不安でいっぱいの世の中にこそ、絵を観る人の心に、ほんの少しでも希望や夢やぬくもりを、と思うのですが――
美術館などで実物の絵画を観ることさえ出来ない状況に追い込む"ウィルス禍"という難敵に、歯がゆく心痛むばかりです。

ただ・・・そんな負の部分に囚われ・流されることこそ、画家になってから常に目標としている「心安らぐ絵を描く」という創作の活動に、一番あってはならないことだと言い聞かせながら・・・今、自分に出来ることを自問自答しながら・・・
やはり、真摯な想いで"絵を描く"ことに尽きる・・・と、筆をとる毎日です。

"ステイ・ホーム"の努力を続ける方々、そして、何より我々の日々の暮らしを支えるべく、休みも取れずに医療、看護等に従事して下さっている方々、ライフライン維持業務について下さっている方々のことを思い起こしつつ・・・
私も気持ちを奮い立たせて、今は(体力的には少々キツい)大きな作品に挑んでいる最中です。

この状態の終息後になってしまったとしても、この絵が、苦難を乗り越えた人の心に、安らぎや日常に宿る幸福感、希望の光などを届けられることを願いながら・・・・・・私は、"ステイ・アトリエ"で頑張ります。

笹倉鉄平



<スタッフより>
展覧会が出来ない今、せめて、本当にせめて、ではございますが、当HP内の「オンライン・ギャラリー」にて、"絵で旅する気分を!!"というテーマにて、絵の世界で旅気分を味わって頂ければ…と、ヨーロッパ北部12の国を描いた作品を展示いたしております。
また、1月からスタートしている笹倉鉄平のインスタグラムですが、そちらにも違う切り口で旅気分を楽しめるようなシリーズで作品がアップされております。
よろしければ、あわせてご覧頂けましたらと思います。


2020年05月01日