アトリエから 2019一覧

猫の名前も世につれて・・・

「ロメオのいる花屋」という新作の画像が、先日アップされましたが・・・
タイトルにまでなってしまった、一匹の猫の名前"ロメオ"。その後、なんとなく興味がわき、イタリアで人気の高い猫の名について、Net上のランキングで少しだけ調べてみました。

知人が言っていた通り"ロメオ"は、ヴェローナの町でのみならず大変人気のある名で、なんとイタリア全体のランキングで1位だった年もありました。現在は、男の子なら"バーチョ"や"ボーノ"、女の子なら"ドナテッラ"や"アドリーナ"等が多いらしいです。

<猫を描いた超小品「ジャンプ!」2018年 油彩>

ならば「日本の猫の名は?」と思い立ち、ちょっと調べてみました。昔は、我々世代には馴染み深い"タマ""ノラ"ミケ""トラ"等が多かったようですが、今(2018年)は、オスでは"レオ""ソラ""マル"、メスでは"モモ""ハナ""ミケ"等だそうです(←ランキングや集計の結果も様々にあるようですが・・・)。

日本では、江戸時代になり平和な世になると、猫も暮らしやすかったのか爆発的にその数が増えたらしく、一大猫ブームが訪れたのだとか。猫を飼っていた絵師も多く、歌川国芳らの猫の絵は有名ですが、浮世絵などにも多く登場しています。

今も昔も"ミケ"という名前が、不動の人気ということに少々驚きましたが・・・昔の日本にいた猫のほとんどが、三毛猫であったらしい、と聞けば納得です。猫の種類や名前その流行にも、時代やお国柄が反映されるのですね。
(日本で子供の名前の人気が、年とともに変化し続けているのと似ているのかもしれませんね)

そんなことを思いつつ、更に気になって「中国ではどんな名前があるのだろう?」と見てみると・・・"豆豆(ドウドウ)"や"咪咪(ミィミィ)"といった、何となくパンダっぽい印象(私感)です。また、"黒黒(ヘイヘイ)"や"小白(シャオパイ)"等もあり、どんな猫なのか想像しやすく見た目で名付けられているのは、日本の"ミケ"の感覚にも通じているような・・・。

いずれにせよ、ちょっと調べてみると次々興味がわいてくる"名前の話"でした。

笹倉鉄平

 

2019年02月08日

新しい時代、令和を迎えて

ここ暫くの間、大きい作品に取り組んでおりましたが、少し前にようやく仕上がり・・・その後すぐに、そこそこ(?)大き目の作品に取りかかっております。この十連休は、様々な形で話題となっていましたが・・・私は普段通り、制作の日々でした。
そんな中、時代が平成から令和へと、穏やかにかわりました。

平成元年に制作し、初個展に展示された懐かしい作品です。


私事で恐縮ながら・・・私にとっての平成は「=(イコール)画家」の時代でした。つまり、正に平成のスタートとほぼ同時に画家として活動を始めて――転身の決断から、デビューして無我夢中で描き続けて――現在に至った30年余りだったのです。
"画家・笹倉鉄平"として描いた一枚一枚が生まれ積み重なり、そこから繋がり広がった活動やご縁からの賜物が詰め込まれた一時代でもありました。

その間、多くの方々から、いろいろな形で応援・支援を頂きまして、こうして現在も創作活動を続けることが叶っております。
改めて思い返しましても、本当に、本当に、有難いことです。

そんな皆々様に対しまして、少しでも御礼の気持ちをお伝えしたく、お応え出来ることは何だろう?と、つらつら思い巡らせてみるのですが・・・一画家としては、やはり「良い絵を描くこと」それ以外に無いのではなかろうか、という想いに至ります。

「この絵を観ることが出来て良かった」「この絵を観に来て良かった」と感じて頂ける作品を目指して創作すること。
温かで幸せな気持ちを心に留め残す絵、希望の光を感じて頂ける絵、を元気で一枚でも多く描き続けてゆくこと。
令和に歩み出すにあたり、そんな志を胸に刻み直すのでした。

笹倉鉄平

2019年05月07日