アトリエや旅先から届いた、笹倉鉄平のメッセージを掲載しています。

アトリエから

2011年03月14日/地震災害のお見舞いを申し上げます

3月11日、東北~関東地方が超巨大地震に襲われ、大津波の様子や被災地の想像を絶する映像がテレビで繰り返し流されています。
それを目にする度に、自然の破壊力の猛威に驚愕しては言葉を失うことの連続です。

今回の震災で被害が特に甚大だった東北地方へは、これまで展覧会などで何度も訪れ、その度に温かく迎えて頂きました。
仙台をはじめ、宮古市、陸前高田市などの各地には、その折に出会ったお顔が浮かぶ方々もいらっしゃいます。

この場を借りて、被災された方々へ心からのお見舞いと、犠牲者の方へは哀悼の意を表したく思います。
東京にある我々のオフィスも、地震の時はかなり揺れたそうですが(重ねて立て掛けてあったイーゼルが倒れたり、展示作品が大きく揺れて傾いたり…)、幸いにもこれといった被害はございませんでした。

ただ、その日オフィスにたまたま独りで出社していた当ホームページの管理人は、驚きつつも職場を守り、その晩は帰宅困難者として余震の不安に耐えつつ一夜をそこで過ごしたとのことでした。

その時、私自身は京都におりましたので少し揺れを感じた程度で、少し後になってからテレビで状況を知りました。
慌ててオフィスに電話やメールをしてみましたが、案の定すぐには繋がらなかった為、むしろ連絡を控えて待っていると、夜になってようやくメール返信があり本当にホッとしました。

そんな感覚を思うにつけ、また阪神大震災の当時を思い出すにつけ、連絡がとれない家族や知人・行方不明者を思う方々のお気持ちに胸が痛みます。
勿論、報道されている全ての厳しい惨状と現実にも…。

ただ、現時点で出来るのは、(陳腐に聞こえる言い方になってしまいますが)自分という画家に与えられた役目――"疲れた心を癒せるような安らぎと光の絵"を描くことを目指す、という普段通りの仕事を心乱さずに続けるということなのかもしれません。

とにかく今は、一人でも多くの人命が救助され、被災地の方々が震災復興への前向きな希望を見つけられるよう、強く願ってやみません。

笹倉鉄平

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

2002年

2001年

2000年