アトリエや旅先から届いた、笹倉鉄平のメッセージを掲載しています。

アトリエから

2007年01月17日/「ちいさな絵画館」準備中です

昨年末からとりかかっていた絵を、年をまたいで先日描き上げ、その直後からの東京大丸での展覧会突入でしたので、サイン会時には少々疲れた様子に見えてしまったかもしれません。
年末から完成までの暫らくの間、制作に没頭していました為、会場で突然大勢の方の前に出て行き、周囲の状況についていけない感じに、目が回った様になってしまっていただけで、実は体調は万全だったのでした(苦笑)。
現在は、普段通り静かに絵と向き合う毎日に戻っています。

さて、昨秋の北京での「二人展」開催から始まり、その記念に行われた年末の大阪での展覧会、そして年始の東京での同展も無事に終了し、一連の流れもようやく山を越えることが出来ました。
期間中は、多くの皆様に足をお運び頂き、本当にありがとうございました。
日本でも、こうしてたくさんの人にお越し頂けたことにより、北京でご協力下さった現地の方々との、"日中友好のメッセージを届ける"という約束も果たせた気がして、私自身とても嬉しく思っています。

今回は、大阪・東京の二会場のみでの開催だった為、はるばる北海道や九州をはじめ、各地の遠方よりいらして下さった方々もいらっしゃり、本当に頭が下がる思いでした。

こうした企画展覧会の開催後、頂戴するメールなどに多くお見受けするのが、「仕事や用事の都合などで、残念ながら行けなかった」といった内容です。
それは、本当に無理も無いことですし(限られた期間と場所ですから)、かえって私自身、もっと機会を作れないことに、いつも歯がゆい様な、申し訳ない様な気持ちにもなります。
また、「原画がゆっくりと観賞できる場所があればよいのに・・・」とか「印刷物(画集、カレンダー、ポスターなど?)でしか見たことがないので、いつか作品をきちんと見てみたいが、どこで見られるのか」といったお問い合わせも、普段から多く頂いておりました。

そんな中、何とかそれらのお声にお応えすることが出来ないだろうかという思いが、以前から自分の中での一つの課題となっていました。
そこでこの度、自分の出来る範囲で何とかやってみようと思い立ち、かなり小規模ではありますが、兵庫県の西宮市に『笹倉鉄平ちいさな絵画館』という名前で、そんな場所を作ってみることにしたのです。
(先日、神奈川県にオープンして頂いた「版画ミュージアム」も、そういった考えの一環からです。)

実は、同じ場所に昨年まで、私の個人オフィスである㈱アートテラス直営のギャラリーがあったのですが、会社から完全に独立させ、以前のギャラリーとは全く異なる、個人的な小さな小さな美術館として再スタートさせることに致しました。

元ギャラリーと同じ場所という限られたスペースですし、交通至便でもありませんが、展示内容の企画には私も参加しますし、テーマに沿った展示(原画を中心とした)を行って、いくばくかの入場料を頂戴する形式となりますが、新鮮な切り口でのオリジナリティある作品展示を目指してゆきたいと思っています。
また、大きな美術館の"アカデミック"さよりも、絵を気楽に楽しく観賞できる"アットホーム"な居心地良さを味わって頂ける場所となることを願いつつ、"美術館"よりも"絵画館"という名称がしっくりくるように思えて、名付けてみました。

これで、たまに頂戴する「"笹倉鉄平・美術館"のような施設はないのですか?」というお問い合わせに対しましても、肯首してお答えできる日が、近々やって来るというわけです(笑)。

・・・と、なんだか大仰に予告編をあげてしまいましたが、あまり期待し過ぎないで下さいね。

現状は、4月下旬頃のオープン(何とかゴールデンウィーク前までには)を目標に、準備の真っ最中です。
何せ、たった二人のスタッフで準備にあたっている為、詳細のお知らせには、もう暫らくお時間を下さいます様お願い致します。
きちんとご案内出来る段階になりましたら、必ずこのHPにてお知らせ申します。
今回は、あくまで簡単な予告ということで・・・何卒ご勘弁下さい。
笹倉鉄平


(※注)上記『笹倉鉄平ちいさな絵画館』では、以前のアートテラス・ギャラリーとは趣旨が異なり、原画は勿論のこと、版画・ポスターの販売は一切ございませんので(グッズ類のみ販売予定です)、何卒ご了承下さいませ。

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

2002年

2001年

2000年