アトリエや旅先から届いた、笹倉鉄平のメッセージを掲載しています。

アトリエから

2004年09月29日/祝、50万アクセス突破!!

ここの処、ようやく過ごしやすい気候になり、体も頭も少しづつシャキッとして、制作にも集中しやすくなってきて助かっています。
皆さんは、特別に暑かった今夏を無事に乗り切られましたでしょうか?

さて、つい先日ですが、このホームページへのアクセス数がついに50万件に達し感激しています。
HPを開設した頃には、到底考えてもいなかった数字で、多くの方にこんなに興味を持ってご覧頂けた結果に、スタッフ共々心より感謝しております。
また、こういった数字を見ていますと、この「アトリエから」の頁でも、ヘンな事は書けないなぁ・・・などと、反省も込めて思ってしまいます。
が、反面少々ヘンな事が書かれているのも、この頁の良さかもしれないな、とも思ったり・・・なんて、少々言い訳っぽいですね(笑)。

本当は、この「アトリエから」の更新も、もう少し頻繁に出来ると当初考えていたのですが、制作活動は勿論のこと、何だかんだと次々とやるべき事柄が待ち構えており、現在のようなペースになってしまっていて恐縮しています。
それでも、移動中の時間(今も広島個展からの帰りの車中でこれを書いています)などを上手に利用しながら、なんとか継続してゆきたいと思っていますので、これからもご質問などございましたら、引き続きメールやお手紙などで気軽に何でもお寄せ下さい。
近況報告がてら、そういったものにも出来る限りお答えしてゆきたいと思っています。

040929talk_show.jpg大丸東京個展でのトークショーの様子実は、この9月の展覧会で行っていたトークショーなるものでは、今までに頂戴していたご質問で多かった内容へのお答を中心に、話を構成させて頂いたつもりです。
初めてこのトークショーのお話を頂いた時には、人前に出るのが大変苦手なものですから正直、"お断りしたいなぁ"と思いました。
しかしながら、皆さんからのメールを読ませて頂いているうちに、今回だけ特別に「アトリエから」のライブ?のようなこともあって良いのかなぁ・・・と考え、トライしてみました。

それに、サイン会ではお一人お一人とお話する時間をとることは不可能ですから、わざわざ遠方から展覧会へいらして下さっている方々へのせめてもの感謝のご挨拶に替わるものとして、特別にやってみることにしたのです。

「30分間だけのインタビュー形式なら、なんとかなるかな?」と思っていたのですが、いざ出番直前になると・・・やっぱりちょっとだけ後悔していました(笑)。
しかし、その結果、今まで絵に興味が無かった方々が、展覧会を見に来て下さるきっかけにもなった様で、良かったと思っています。

そんなわけで、私にとって、この9月はたまたま"展覧会月間"的な一ヶ月となり、こういった特殊な状況ですと、中には「一体、いつ絵を描いているの?」と少々オーバーにご心配下さる方も、もしかしたらいらっしゃるかもしれませんよね?

しかし、サイン会の時間自体はそんなに長時間ではありませんし、他の時間は静かな場所を見つけては色々と制作に関する作業を行っていますので、どうぞご安心下さい(笑)。

鞄には、常に筆記具やクロッキー帳などを入れてあります。
主に、エスキースや画面構成などを思いつくままに描きつけて、頭の中にあるものを整理しながら、徐々に作品の土台へと変化させてゆく・・・といった様なことが多いです。
アトリエで黙々と制作している時よりも、むしろ良いアイデアが湧いてきたりもしますし・・・。
年内にもあと2回ほど海外へ出かけますが、そういった事にも随分慣れてきたので、問題ありません。
我ながら、鍛えられたものです。
日常生活から切り離され「殻の外」へ出ると、五感の感度も上がる感じで、むしろ自由な発想が生まれやすい状況にあるからなのだろうか・・・などと自己分析しています。
特異体質になってしまったのでしょうか(笑)?

いえいえ、普段の暮しの中でも、人は、入浴中や散歩の最中などの心地良いと感じられる時間に、より良いアイデアが浮かんできたり、正しい結論に導かれやすいということです。
つまり、部屋の中にじっと籠もっているような、あまり最良とは言えない状況下で考え事をすると、概して悪い方向へと考えが流れがちになってしまうのも、さもありなん・・・ということのようです。

さあ、これから暫くは、気持ちのいい気候です。
気分の良い環境を積極的に見つけ、そこに身をおいて、たくさんの"ひらめき"を手に入れることにしましょう。

笹倉鉄平

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

2002年

2001年

2000年