アトリエや旅先から届いた、笹倉鉄平のメッセージを掲載しています。

アトリエから

2001年05月03日/帰国報告

010503_aci_castello.jpg シチリア島/アチ・カステッロ海岸にて 先日、トラブルもなく無事イタリアより帰国致しました。

到着早々、現地で集めた資料で一杯になった荷をほどき、早速、新しい作品の制作にとりかかりました。
できる限り早く、まだイメージが熱いうちに、おおよその下図をとっておきたかったからです。

特に今回は、具体的ではないイメージが頭の中に漂流していたので、(うまく説明できませんが・・・)画面上で直接手を動かしながらでないと、絵として「定着」して行かないものなのです。

とりあえず、やっと数枚のラフスケッチが出来、これから順不同で描いていくわけですが、ここへきて、やっと気持ちが落ち着いてきたところで、少々遅れてしまいましたが、今、皆さんへの帰国第一報を書いているところです。
旅に出かけるときは、ひとつの国で同じ地方に長く滞在することが多いのですが、今回は異なる文化を持つ地方を、一度に色々と見てみたいと思い、南のシチリア島から中部のローマ近郊の街や村々、そしてスイスの香りが漂う北部まで廻って来ました。
現在はひとつの「国」として呼ばれていても、特色ある地方々々の共同体であるという印象が強く残りました。

歴史を考えれば、そうであってあたり前で、イタリア以外でも同じように感じた国は多いのですが、比較的日本はバラツキがなく均一に発展している為、そう感じるのかもしれません。

滞在中は題材を求めて、足が棒になる程よく歩きました。(いつものことなのですが・・・) 
途中、長い下り坂を歩き過ぎて膝を痛めてしまい困りましたが、それも歩きながら治ってしまったので、普段からなるべく車を使わずに歩くようにしていてよかったと痛感しました。
そして、つい忘れがちですが「気力は健康の上に乗っかっている」んだなぁ・・・と改めて思います。

今回の旅の詳細はこれから描く絵と共に、ひとつづつお話ししていこうと思います。
また皆さんも、ご質問や「旅」のお話しなど、気軽にメールを下さいね。
お待ちしています。

笹倉鉄平

P.S. 留守中に届いていた皆さんからのメールも、帰国後すぐに読ませていただきました。
   いつも同じ言葉で足りない気持ちがしますが、心をこめて・・・「ありがとう!!」

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

2002年

2001年

2000年