マイセンで見た光

マイセンで見た光
A Mild Winter Light, Meissen

2019年11月リリース
絵柄サイズ:32.0×32.0cm キャンバス・ジクレー 限定195枚

チェコやポーランドとの国境に近い、旧・東ドイツの町マイセンの名は、
高級陶磁器のマイセン磁器によって、世界中に知られている。
厳冬の日、雪の降り積もった町を歩いていた。

マイセン磁器発祥の原点としても有名な、アルブレヒト城へと至る
旧市街の中、美しい石畳の道だった。
途中、小さな塔のような造りのアーチを潜り抜けた時、
そこに在った"光"の様子に、視線を奪われて思わず足が止まった。

手はかじかみ、耳や頬まで痛く感じるような、キンと凍てつく空気をぬって、
薄暗いアーチの中にまで差し込んでいた光――
それは、どこか甘い色で
冷え切った身体まで、ふんわりと温まるようだった。

雪の降り積もった家並みの、青い陰影に包まれた景色だからこそ、
光は、あまりにも優しく、より魅力的に心へと届いたのだろう。

笹倉 鉄平


「額付き画像」「価格」の確認、また「購入希望」のお客様は
株式会社アートテラス/笹倉鉄平オフィス」のHPへ